千葉での葬儀の時ネイルはどこまでOK?

千葉在住で普段からネイルをしている人は、急な訃報を聞いた時どのように対処すべきかを知っておきましょう。

◆関連ページ=>(URL:http://left4winchester.net/

・葬儀の時のネイルマナー

千葉に限らず、通常葬儀では派手な装飾やメイクはNGです。

マニキュアをしている場合は、ネイルリムーバーで完全に落としておきましょう。

ただしベージュや透明に近いピンクなら、そのままでも問題ありませんが、長い爪は派手な印象をもたれるので地味な色でも葬儀の場には不向きです。

リムーバーで簡単に落とせる地味な色でも、ラインストーンやラメが入っている場合は、落としておくのが無難です。

・ジェルネイルやつけ爪の対応

マニキュアなら簡単に落とせますが、ジェルネイルやつけ爪の場合は、簡単に落とせません。

こういう時、黒い手袋をして行くという事もできますが、焼香の時は手袋を外すのがマナーとなっているため、どうしても人目についてしまいます。

かと言って全部の指に絆創膏を貼るのも不自然です。

葬儀に行く事になったら、ネイルサロンで除去してもらいましょう。

セルフネイルをしているなら、アセトンがあれば自宅でも落とせます。

・まとめ

女性の場合普段から爪に気を使っている人もたくさんいます。

自分にとっては地味なネイルでも、基本的に葬儀の時ネイルはしていない方が望ましいとされます。

透明や薄いピンクなら大丈夫ですが、ピカピカに光った爪は好印象とは言えません。

火葬場などでは手袋をしたままでもいられますが、焼香や通夜振る舞いには手袋を外しますので、念のためオフしておく事をおすすめします。