千葉での一日葬のメリット・デメリット

3月 29th, 2016

最近は千葉でも葬儀に対する考え方が変わってきており、以前とは形が違う葬儀が増えています。

★自分の葬儀について考えている人へ⇒【URL:http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6642

一日葬もその一つといっていいでしょう。

千葉でも多くの葬式で一日葬が行われます。

・一日葬のメリット

葬式のスタイルもいろいろ増えており、最近は一日葬やワンデーセレモニーなど呼ばれるスタイルも増えています。

本来であれば通夜と葬儀を二日間かけて行いますが、一日葬は通夜をせず、葬儀だけを行います。

一日葬にする場合の理由としては、喪主が高齢や病気であまり長時間の葬儀に耐えられない、葬儀に参列する親族が千葉以外の遠方に住んでおり、二日間になると宿泊費などがかかるため節約するという時に一日葬を選択します。

通夜をしないため、通夜振る舞いや通夜の香典返しが省略できる分、精神的や体力的な負担も軽減されます。

・一日葬のデメリット

通夜を行わないためメリットも多いのですが、葬儀はきちんと行うため、意外と葬儀費用は節約できません。

さらに通夜を行わないため、参列者が少なく、香典で葬儀費用を賄うという事も難しくなります。

昔ながらのしきたりや風習を重んじる人にとっては、一日葬のような葬儀スタイルに抵抗を持つ事もあります。

・まとめ

葬儀や葬式には色々な選択肢も増えていますが、千葉の一部の地域では風習やしきたりを重んじる事があるので、そういう場合は、セレモニーホールのようなきちんとした場所で行っても、揉め事の原因となる可能性があります。