千葉の葬儀で裏方をする時エプロンはなんでもいいの?

4月 30th, 2016

親族の葬儀の場合は、女性は通夜や葬儀の時裏方を手伝う事が多くなります。

こういう時は喪服が汚れないよう、エプロンをします。

・葬儀の手伝い

通夜や葬儀の時には、通夜振る舞いや弔問客へのもてなしなどをするので、女性は裏方を手伝う機会が多くなります。

千葉に限らず全国でも同じですが、通夜をする時は特に通夜振る舞いがあるため、手伝いは必要です。

千葉では一部の地域で他とは風習が異なるところもありますが、通夜がある時は通夜振る舞いが行われます。

・エプロンマナー

手伝いをする時はエプロンをしますが、この時気になるのがエプロンの色です。

よく割烹着などを着て手伝いをしているところを見かけますが、原則手伝いの時のエプロンは白でも問題ありません。

ただし千葉の一部の地域では、エプロンも黒にするなど決まりがありますので、この場合は決まりに従います。

ほとんどは白か黒ですが、中には自分だけ黒いエプロンで逆に目立ってしまうという事もあります。

・まとめ

基本的に黒でも問題ありませんが、皆と同じになるよう、手伝いをする事になったら事前にエプロンは何色で、どんな形のものにすればいいか確認しておきましょう。

色が白や黒でも、レースや刺繍がある物はふさわしくありません。

可能な限りシンプルなエプロンを使いましょう。

エプロンを用意できなかった場合は、誰かに貸してもらうのもいいかもしれません。

弔問客と接しない場合は、エプロンなしでも構いません。